不動産会社での年収に満足しているのか

本郷 智祥は現在、年2回のボーナスも入れて、年収は600万円です。月の給料としては三十数万であり、ボーナスが1回60万円ほど出るという形になっています。これに対して本郷 智祥は、特に不満に思うことはないようです。なぜなら、不動産会社にいるために会社借り上げで安く社宅を借りることができており、3LDKのマンションを借りながらも、家賃に関しては半額以上会社が出してくれますので、月々の住宅関連の支出が5万円程度で済んでいるからです。

本郷 智祥の年収
は、不動産業界においても平均的なものです。業界の平均年収が35歳から39歳で580万円ということから、40歳を少し過ぎた年収としては平均よりは少し劣るものの、手当などを入れるとまあまあの金額だからです。欲を言えば、土日に働いているのでその分の手当てをもらったり、休日出勤の手当をもらったりすればということがあるのですが、業界の慣習として休日は火曜日と水曜日に決められていますので、最初からそういった手当は期待していないからです。