美味しいご飯を患者さんに提供したいという強い気持ちが伝わってくる病院です

病院食は味気ないものだという先入観はありませんか。
確かに病気だったり怪我をしている患者さんが健康になるための食事なので、栄養バランスやカロリー計算はしっかりとされています。
その結果普段の生活で食べている食事よりも物足りなく感じる事が多いようです。
でも入院患者であっても、おいしいご飯が食べたいですね。
東京都にある鶴川記念病院は、患者の健康を考えながらも様々な立場のスタッフが力を合わせて食事をサポートしてくれます。
具体的には患者の声を聞き取るための食事アンケートや、月に一度の豪華な行事食などがありますが、特にこの行事食は患者さんとその家族に好評だそうで、入院が長引くと時間の流れを忘れがちになってしまう患者さんにとっては季節の移り変わりを実感できる絶好の機会なのです。
また食事の内容だけでなく、食べる時の姿勢や動作・食器などを工夫してくれる専門家がいるのも、この病院の特徴です。
美味しい食事でも食べ辛い環境では意味がありません。
鶴川記念病院では食事時間があらゆる意味で快適で心地いいものになるように、一人一人に合ったものを提供してくれるのです。