血のめぐりを整えて根本からPMSを軽減する漢方

PMS対策・緩和方法では、辛い症状の解消術のひとつとして、血や気のめぐりをとても重視する漢方を紹介しています。
西洋医学との大きな違いは、漢方では全身のバランスを整えて不調を元から改善するという考えに基づいていることです。
これに対して西洋医学では対症療法がメインで、咳が出れば咳の薬で抑えるという考え方です。
PMSつまり月経前症候群は女性特有の悩みで、生理の前に辛い症状や不快な症状が現われます。
月経前症候群が起こる原因はさまざまでいろいろな要素が絡みあっていますが、ひとつには女性ホルモンのバランスの乱れがあります。
元々女性の体内では各種のホルモンが入れ替わり働いて正常なサイクルで生理を起こしていますが、各ホルモンの連携がうまくいかないことで不快な症状が現われることがあります。
また冷えも原因のひとつです。
冷えは外からではなく、冷たい飲物の飲みすぎなとで内蔵そのものが冷えてしまうことでも起こります。
この状態では生殖器を守る骨盤内の血流も悪く、冷えは子宮の収縮を促しますから下腹部痛などを誘発します。
漢方では、ひとりひとりの体格や性格、血色などを視診して使う生薬を決めます。
体質に合った生薬の働きで温かい血液が全身を巡ると、経血が排出されやすくなり古い経血も外に出ていきます。
全身に温かい血液が届くと、冷えてダメージを受けていたホルモン系統の乱れも少しずつ改善され、PMSの辛い症状が軽くなっていきます。
月経前症候群解消術では、他にも自分でできる生活の工夫などが紹介されていて必見です。