蓄電池の種類など

蓄電池は、平常時は電気を貯めておき、必要な時に貯めた電気を使う事ができる装置で、充電や放電を繰り返し行う事ができます。
基本的な構造は、電解液の中にプラス極とマイナス極を入れ、イオン電子がプラス極に移動させると電流が発生し、マイナス極に移動させると充電する仕組みになっています。
蓄電池の種類は、鉛電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池、ナトリウム・硫黄電池などの種類があり、それぞれ使用用途や特徴などが異なります。
鉛電池は車のバッテリーなどに使われ、低コストで信頼性に優れていて、ニッケル水素電池は、ハイブリットカーや充電式の電池などに使われ、充放電が早いのが特徴で、リチウムイオン電池は、住宅用や産業用の蓄電池や携帯電話、電気自動車などに使われ、多くの電気の出力ができ、ナトリウム・硫黄電池は、産業用やバックアップ電源などに使われ、長寿命で電池の容量が大きいのが特徴です。
また、電気自動車や家庭用の物は、災害時に停電した場合にも電力供給が行え、昼間と夜間の電気料金の差を利用して電気を使うと節電になり、太陽光パネルと合わせて使うと効率的に充電でき、エコエネルギーとして注目されているので、購入の際は国からの補助金制度があります。
蓄電池で電気代を節約!|蓄電池の費用一括見積りの楽々さ〜ち